野菜&果物の美養栄養学

野菜ソムリエ上級プロが、野菜&果物の他、「食と健康」「食と美養」情報を発信するブログです。

MENU

夏の乾燥肌は3大スタミナ食で細胞から元気に!

夏のお肌は、気候や気圧の影響で、
表面はベタベタするのに、
肌の奥は水分不足で潤いが足りず、
乾燥肌になっているケースが多いようです。

もっちりとした、しなやかな潤い肌を守るには、
十分な栄養が必要です。

夏の3大スタミナ食と呼ばれるメニューで肌細胞から元気にしておきましょう。

f:id:miwamomoka:20170721134031j:plain

夏の乾燥肌は3つの脂質量で決まる?

夏は気温の上昇で肌の水分が蒸発しやすく、
実は乾燥肌になりやすいのです。

汗をかいたり、肌がベタつくので、
肌は潤っている?と勘違いしてしまいますが、
肌の奥は潤い不足なのですね。

肌の潤いを守るには、
皮膚を覆っている3つの脂質量で決まってくると言われています。

  1. 「細胞間脂質」
  2. 「NMF(ナチュラルモイスチャーファクター)」
  3. 「皮脂膜」

これらを構成している主成分は、
実は食べ物から得た、たんぱく質です。

大豆製品もいいのですが、
脂質量が少ないため、
お肉や魚、卵などのたんぱく質をとる必要があります。

脂質はダイエットなどでは悪者のように扱われますが、
肌の構成成分として必要なものなので、
脂質も一緒にとれるたんぱく質食品がいいでしょう。

乾燥肌を予防する3つの栄養素 

  • たんぱく質
    皮膚の材料となるので、
    たんぱく質が不足しないよう、
    毎食採るようにしましょう。
    →肉類全般、魚介類全般、卵、乳製品、大豆製品
  • ビタミンA
    皮膚の再生に必要な栄養素で、
    皮膚の粘膜の他、体内の各器官の粘膜も健康に保ちます。
    →肉類全般、レバー全般、ウナギ、銀ダラ、緑黄色野菜全般、マンゴー、パパイヤ
  • 亜鉛
    皮膚細胞の代謝を促してしなやかな肌作りに必要なミネラルです。
    →赤身肉、ラム、牡蠣、あさり、しじみ、するめ

3大スタミナ食で細胞から元気に!

上記3つの栄養素を含む食べ物に、
肉類、鰻があがっていましたね。

  • 焼肉
    ビアガーデンやバーベキューなどで、
    焼肉を食べる機会も多いことでしょう。
    レバーを取り入れたり、
    脂質量が多すぎず適量な赤身肉を堪能してみてください。
    ピーマンやナス、タマネギ、トウモロコシなど、
    焼くと美味しい夏野菜も忘れずに。
  • ジンギスカン
    苦手意識の多いラムも、
    ジンギスカンなら場の雰囲気で食べやすいかもしれませんね。
    亜鉛が含まれる食材は種類が少ないので、
    ビアガーデンなどで一時開設されている
    ジンギスカンにトライしてみましょう。
    野菜も多く摂取できてオススメです。
  • 鰻(ウナギ)
    夏はスタミナ不足にもなりやすいので、
    土用の丑はもちろん、
    肌の乾燥や夏バテを感じる前に鰻を食べておきましょう。
    うな重をオーダーすると、
    セットのようについてくるアサリやシジミのお味噌汁は、
    亜鉛摂取もできて理想の組み合わせです。

夏の乾燥肌は表面がベタベタしたり、
テカリやすいので気づきにくいですね。

水分補給も大切ですが、
細胞レベルから肌を潤すには、
食卓も楽しくなるスタミナ食も取り入れて、
元気に夏を乗り越えましょう。