低フォドマップ食×読書でダイエット脳を育てるブログ

カロリー(Calorie)よりも栄養価(Nutrition)を重視し、腸と脳をクリーンに!

ホットクックでブリの回鍋肉(ホイコーロー)風炒め煮

こんばんは。
今日のホットクック・ランチは、《ブリの回鍋肉風炒め煮》でした。
回鍋肉(ホイコーロー)は、文字通りお肉を使った中華料理ですが、お刺身用のブリの柵が残っていたので、お肉の替わりに使ってみました。

回鍋肉は調味料に味噌を使うので、和食素材でも好相性だと考えたのです。
おうちご飯なら、なんでもアリなので、早速、ホットクックの回鍋肉ボタンで調理スタート!

キャベツとピーマンが甘く、ブリもプリプリで美味しく仕上がりました。

《ブリの回鍋肉風炒め煮》

【材料】(2人分)

  • ブリの柵 150g
  • キャベツ 200g
  • ピーマン 2個
    [調味料]
  • ガーリックパウダー 小さじ1
  • 片栗粉 大さじ1
  • 赤味噌 大さじ1
  • きび砂糖 大さじ1弱
  • 醬油 小さじ1
  • 一味唐辛子 小さじ1/2
  • ごま油 小さじ1

【ホットクックでの作り方】

  1. ブリ、キャベツ、ピーマンを食べやすい大きさにカットする。
  2. ホットクックの内窯に1と[調味料]をすべていれ、ホットクックのメニューから《回鍋肉73番》を選択してスタートキーを押す。

※上記レシピは、SHARPの公式サイトの分量とは違います。

待つこと20分!

材料を切って、調味料を計測するだけで、所要時間は5分ほど!
フライパン調理なら、調味料を混ぜ合わせたり、片栗粉を水溶き片栗粉にして、食材にまんべんなくトロミを出すのは難しいですよね。

ホットクックなら、味噌も大さじで計量して塊のまま内窯へ!
片栗粉も水溶きせず、粉上のまま内窯に入れるだけ!

待ち時間も、火加減を見る必要がないので、在宅時なら仕事やメールチェックができますし、他の家事もこなせます。

食材に適した温度で調理してくれるAI調理鍋があると、食生活が潤いますね。
ありがとうございました。