一日1食×読書でダイエット脳を育てるブログ

毎日のプチ断食習慣で、腸と脳をクリーンに!

簡単!整骨院やエステよりも効く!?『自力整体 浄化ダイエット』読書レビュー

おはようございます。
本日の読書レビューは、自力整体の第一人者、矢上裕氏の『自力整体 浄化ダイエット』です。
矢上先生の自力整体を知ってから、肩こり、腰痛、頭痛などのために通っていた整体をやめたほど!
わざわざ整体師さんに施術していただくよりも、自力整体のほうが即効性があり、簡単で、お金もかからないのです。
書籍代も2,000円弱ですから、1回の整体施術料よりも、安いうえ、一生モノの知識となります。

自力整体は、用途別の自力体操(施術)を行うだけでも効果的ですが、整食法という食事療法も一緒に取り入れると、カラダから毒素が抜け、とても楽になります!
プチ断食と似ており、基本一日一食です。
カラダの身体リズムに沿った時間帯に食事をするので、摂食タイムは、14時から18時が理想とされています。

会社勤めをしていると、14時にランチを摂るのは難しいですが、朝食を抜いて、18時以降は何も食べないようにするだけでも、効果が感じられます。

現代の様々な病気は、「食べ過ぎ」が原因です。
矢上先生が提唱する自力整体と『浄化ダイエット』をセットで行うと、やせたい人はやせ、逆に太りたい人は太る、というヒトの適正体重になる、理想的なダイエットです。

ダイエットというと「やせる」ことが目的だと思われがちですが、本来は「食事法」の意味を持ちます。
なので、やせすぎの人が適正体重まで太ることも、ダイエットなのです。

矢上先生によると、

ダイエットの近道は、筋肉を疲れさせない脱力(※本書より抜粋)

が一番とのこと!

脳や身体を鍛えるには運動が近道といわれていますが、たくさん食べて、その分を運動で消費すると、カラダも筋肉も疲れてしまいます。
あくまで運動は、やせるために行うのではなく、体力維持のため!
そして、一日一食にとどめ、筋肉を緩めるために『自力整体』を行うのが良いようです。

矢上先生の食事療法は、厳しいカロリー制限や、栄養計算はいりません。
食べる時間帯を守るというシンプルなものです。

運動嫌いの人や、運動せずに適正体重を維持したい!
整体やエステに行かずに、リーズナブルにやせたい!
という方にピッタリな一冊です。

Kindle Unlimitedに入っている方なら、『自力整体 浄化ダイエット』月会費内で読むことができます。

私は、以下のDVDつきの紙の本も愛読しており、DVDを観ながら、だいたいの自力整体は覚えてしまいました!

特に肩こりと腰痛、眼精疲労の整体に関しては、感謝してもしきれないぐらい、お世話になっています。
頑固な肩こりや腰痛になやんでいる方は、整骨院やマッサージに行く前に、ぜひ本書を読んでみてくださいね。

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!